個人事業と会社設立

個人事業と会社設立の違いとは

個人事業と会社設立では実はいくつかの違いがあります。この2つのどちらを選ぶかによっては損をすることも考えられます。

それぞれのメリットを知って、会社設立か個人事業にするかを選びましょう。まず会社設立をする上でのメリットはなんといっても節税のための手段が多いということです。生命保険や退職金も経費として認められますし、会社の資産には相続税がかかりません。

また赤字になってしまった時に繰越控除できる期間が個人事業主と比べて長いのも良いところです。会社設立している場合、繰越控除は7年間ありますが、個人事業では3年間のみなのです。

さらに会社設立して法人化されていると法人税は一定されているため、売上や利益が増えても税金まで増えてしまうということがありません。

逆に個人でしている場合は所得が増えれば増えるほど税率が高くなっていきます。

また会社としての名前があることで、個人でしているよりも信用されやすいという点があります。例えば銀行で借入れする場合も法人のほうがしやすいといわれていますし、取引できる相手も増えます。

家族へ給与を支払うことができるので、実際に仕事をしていれば所得を分散して所得税や住民税の節税にもなります。

決算の月についても違いがあります。法人は自由に決算する月を決めることが可能ですが、個人は1月から12月までの間に決算しなければいけないという決まりがあるので自由にはできません。

ここまで書くと個人事業主は損なことばかりなように感じるかもしれませんが、メリットももちろんあります。法人は法人税を支払いますが、利益がなくとも毎年必ず7万円を支払わなければいけません。

しかし個人は所得税を支払うので所得がなければ支払う必要がないのです。社会保障に関しても国民年金と国民健康保険に加入していれば問題ないので、その費用はそれほど高くありません。しかも交際費が発生した場合には全額を経費として落とすことができるのも良いです。そして法人とは違い、事業主として始めるのも書類を2枚提出するだけで良いので簡単です。

確定申告にしても青色申告となりますからそれほど難しくなく、自分で行う人も少なくありません。

このように個人で仕事を始めるのは自由度が高く、費用も少なくてすむというのが大きなメリットだといえます。もし事業をやめようと考えた時もやめるのは難しい手続きが必要ありませんので、いつでもやめることができます。

最近の投稿

Contents

Copyright© 2014会社設立のプロ、行政書士、税理士の活用術 All Rights Reserved.