会社設立と決算

会社設立と決算の考え方について

会社設立を夢見る人というのは少なくありません。自分で自分の会社を作り、その事業でお金持ちになる夢は子供の頃少しは思い浮かべた人が多いのではないでしょうか。しかしそれを実際に実現しようとしていく場合には様々な問題と向かい合わなくてはならなくなります。会社設立というのはその様なハードルが置かれた存在であるのは確かです。多くの人はこの様なハードルの存在に気付いた段階で諦めて行くことになります。

ながら本気で会社設立を目指そうという覚悟がある人にとっては会社設立のハードルというのはそれほど高いものではありません。かつては起業をするのにも大金が必要でしたが、近年では志と多少のお金、そして知恵があれば会社を興すことそのものはそれほど難しいことではなくなってきています。本当に難しいのは会社設立をした後で自分の会社を維持し、大きくしていくことのほうなのです。

そのために学ばなくてはならないものの一つに決算というものがあります。決算というのは最も基本的な会社の形である株式会社では義務付けられた企業活動ですが、近年設立が増えている合同会社では必須とされていません。そのため必要性に応じて会社の形を分けて考えることが出来ます。

もしも今後個人事業主の様に一人、または家族で会社を運営していこうと考えるのであれば合同会社でも良いでしょう。

従業員を雇用して多くの事業を行っていこうと考えているのであれば多少面倒でも株式会社の形を取っておいた方が良いと言えます。

決算とは事業年度単位での成果を一つの資料にまとめる作業のことを言います。この様な書類は会社の外部の人間が自分の会社の状態を知りたいという場合に役立つ書類になります。

事業年度単位の売り上げや利益など、事業の成果を報告するためにまとめられた資料がこの決算書と呼ばれる書類なのです。この様な書類を作成しておくのは株式会社においては義務ですが、どのような事業形態でも役に立つものですので作成が推奨されています。

一般的に役立つのは借入を行う場合です。事業を大きくしていこうとする場合、必要な資金を地道に集めてから動き出すことも出来ますが、それでは時間がかかり過ぎるという問題があります。

現実的には自力で資金を集めるのではなく借り入れで資金を工面し、稼ぎながら返済をしていくスタイルが一般的です。こうすることで限られた時間を有効活用して素早い成長を遂げることができるようになるのです。

最近の投稿

Contents

Copyright© 2014会社設立のプロ、行政書士、税理士の活用術 All Rights Reserved.