会社設立を目指す場合

会社設立を目指す場合のマニュアル

会社を立ち上げたいと考えた場合、何から始めたらよいのか見当が付かないということも多いでしょう。会社設立には、いくつかやるべきことの手順があります。マニュアルに沿って、順に手続きをこなしていきましょう。

まず、会社設立の流れを大雑把に並べると、準備段階として会社名を検討すること、定款の作成(会社の発起人が設立に関する事項を決める)と認証、資本金の払い込み、役員の選出(組織作り)、そして登記の申請です。

準備段階での、会社名の検討では、会社名を決めてから、法務局において、同名の会社が既に設立されてないかどうか調査します。類似商号がなく、会社名が決定した場合は、はんこ屋で印鑑を作成し、それを市役所に持っていって、代表者印鑑登録証明書を発行する手続きをします。

次に、定款の作成ですが、定款とは、会社名、会社の事業内容、組織や業務についての根本的な規則を記した書面のことです。定款には、発起人全員の記名と押印が必要です。これを公証人役場にて認証してもらいます。定款の認証には、発起人の印鑑と手数料92,000円が必要です。

資本金の払い込みは銀行にて行います。平成17年度の会社法改正により、最低資本金制度が撤廃され、会社設立に必要な資本金は、事実上1円からでも認められるようになっています。

次に、会社を運営していく役員を決める必要があります。会社の業務執行についての意思決定や監督を行う取締役と、会計監査を担う監査役を決定します。発起人が1人の場合は、その発起人の取締役・監査役選任決定書を作成します。その役員によって、取締役会を開催して、代表取締役を決定し、その取締役会議事録、調査書を作成しなければなりません。

登記の申請は、管轄法務局にて行います。株式会社設立登記申請・印鑑登録申請を行います。登記の申請は、当事者申請主義といって、税理士や司法書士などの専門家を介さないで個人で行うことが出来ます。登記の申請・登記の完了によって、会社設立が完成したことになります。

このように、マニュアルに従って手順を進めていけば、一人でも、意外に簡単に、会社は設立できます。設立するにあたって、難しい、面倒な点といえば、登記書類の作成でしょう。

チェックリストなどを作成して、するべき手順を明確化するとよいでしょう。順調に手続きを進めていけば、会社設立にかかる期間は約2週間です。会社を立ち上げるのは、意外に短い期間で行うことができるようです。

最近の投稿

Contents

Copyright© 2014会社設立のプロ、行政書士、税理士の活用術 All Rights Reserved.