最近の投稿

会社設立で印紙代

会社設立で印紙代を節約する方法って?

会社設立では常にさまざまな面でコストがかかってくることとなります。手続きは一日で終わるというようなことは無いために時間的なコストはかかってきますし、加えて手続きの中では随所でお金を支払う必要が出てきます。

会社設立を終えた後には会社を運営していくことになるわけですから、設立にかかるお金はなるべく節約をしたいと思うのが通常です。

しかし会社設立でどれだけお金を節約できるかと言うことに関しては、それぞれの人の知識量によるのが実際なのです。

手続きの中で「こうすれば安くなりますよ」ということを教えてくれる人はいないのですから、自分から調べなくてはなりません。

さて、そうした会社設立の中で最も節約できると言われている部分となるのが「印紙代」です。手続きの中では定款を提出する際に4万円分の印紙を貼付する必要がありますが、この4万円分の印紙に関しては、方法によっては必要が無くなることもあるのです。

さて、ではどのようにすれば会社設立に必要な印紙代を節約できるのでしょうか。これは「電子定款を提出する」という方法になります。

電子定款とはこれまで紙で作られていた定款を、電子文書の形式にしたものです。

現代の社会では様々なことがデジタルで行えるようになってきており、電子定款もそのデジタル化によって生まれたものの一つでした。

これは紙の定款と異なって印紙を貼付する必要がないため、電子定款を利用するだけで4万円の印紙代が不要になるのです。

しかしだからと言って「自分で電子定款を作ろう」とすることはあまりお勧めできません。

電子定款は作ろうと思ってすぐに作れるというものではないのです。電子定款のファイル形式は後から改変する事の出来ないPDFファイルで提出することが求められ、そのPDFファイルを作るには専用のソフトが必要です。

この専用ソフトとしてはAdobe Acrobatと呼ばれるソフトなどが該当するのですが、これは3万円以上する非常に高価なソフトです。

さらに電子定款を作成するにはICカードリーダーが必須となりますから、ICカードリーダーも購入する必要があります。

これは価格帯によってさまざまな物がありますが、3千円から6千円はするものと考えて良いでしょう。

パソコンの利用に慣れていないのであれば紙の定款を作るよりも手間がかかるわけですから、最終的なコストは紙の定款とさほど変わらないか、電子定款の方が上回ることが多いのです。

そのため、もし電子定款で印紙代を節約したいというのであれば、思い切って税理士や司法書士に代行を依頼するのがベストとなります。

会社設立の代行を受け付けている事務所であればほぼ間違いなく必要な機材は揃っていますし、手続きのプロに依頼するわけですから時間も節約できます。会社設立の際には「代行を依頼しないのなら紙の定款」、「代行を依頼するのなら電子定款」というようにすると良いでしょう。

会社設立の税金免除

会社設立の税金免除が適用される為の対策

会社設立においては税金面の対策が重要なポイントとなります。場合によっては、会社を設立する際に、幾つかの種類の税金の制度が適用されることもあるために、それぞれの会社設立で異なる重要な点を把握しておく事が不可欠なのです。

会社設立の当初は、事業資金の出費が重なり資金繰りが問題になることもあります。そのため、この税金免除が重要になる事が頻繁にあるのです。

しかし、幾つかの免税の制度が適用されれば、このコストを削減することができ、一定期間は利益の増加にもつながりますので、事前に税金免税の事業者として登録を行う事も重要なポイントとなります。

この申請を行う際には、資本金が一定の金額未満である事が条件となり、このような状況によっては数年間は免税制度が適用される事業者として登録出来る事もある為に、必要となる条件を把握しておく事が大切です。

また、会社設立においては、初期段階で免税期間を長期化させるコツなどもあるために、事前に幾つかの重要事項を把握しておき、有利な条件で会社設立を行う事が重要なポイントとなるのです。

特に、免税の期間を長期化するコツとしては、資本金の金額などに加え、設立時期から一定の期間にかけての給与支払い総額、会社設立時のタイミングと継続の期間などが重要になります。

そのため、これら税金免除の対象となる具体的なポイントを把握しておき、コスト削減に効果的な対策をとる事が必要になるのです。この設立時の免税への対策が、税金免除においては重要なポイントとなります。

そして、税金免税ではこの適用される期間を出来るだけ長くする事も重要です。これは資本金の金額を基準の範囲以内に保持する事が重要な要素で、免税の制度が適用される事業者として、個々の事業形態で異なる金額を確認しておく事が必要です。

これは一定期間の給与総額などの要素とも関連しており、この額を一定の範囲内に収める事が重要になるので、会社設立で税金に関するコストを抑える手段として事業を開始したタイミングなども兼ねて確認しておく事が重要なポイントとなります。

そして、会社設立を行う際には、課税の対象となる事業者としてのポイントを把握しておく事に加え、個々の事業の運営形態で異なる免税の制度なども理解しておく必要があります。

それぞれの事業で適用される一定の基準を満たす事が出来るかどうかを確認しておき、資本金の金額や事業を設立した時の基準などを加味した上で適切な対策をとれば、税金免除において効果宛機な対策を練ることができます。

会社設立を税理士

会社設立を税理士に依頼する際の費用の相場って?

会社設立は現代の社会人にとって一つの大きな目標となる存在です。

もちろん会社設立をせず、一つの企業に長年勤めることを目標とするという人は多くいますし、安定性でいえばこの企業に勤めて生きていく方が優れています。

ですがそうした状況であっても「いつかは会社設立をしたい」として考えている人は少なくありません。

自身の思い描く未来を実現するための手段として会社設立はあるのであり、会社設立を目標として生きてきた人が設立を達成した時の達成感は、何物にも代えがたいものがあります。

しかしながら、会社設立においてはさまざまな面で専門的な知識が必要になるのは事実です。

法律上、税務上など、その知識分野非常に幅広く、設立が成功できるかどうかは「どれだけ努力をしてきたのか」というところが問われることになっているのです。

さて、そうした中で「より成功率を上げたい」という際に利用されるのが「税理士への設立手続き依頼」という方法です。

税理士は税務のプロであり、さらにその中には企業運営のプロも多くいます。そうした「プロ」に依頼をしたのであれば、必然的に成功率を高めることができますし、手続きにかかる時間も飛躍的に短くすることができるのです。

ではこの税理士に会社設立手続きを依頼した場合の費用はどれくらいになるのでしょうか。これはそれぞれの事務所によって価格設定が大きく異なりますが、一般的には「設立手続きのみ」を依頼するというような場合には3~5万円の範囲内に落ちつくのが一般的です。

ただここで注意をしたいのが「税理士だけでは手続きを終えることができないことが多い」ということです。
というのも、会社設立では避けては通れない「登記」という作業については、司法書士の手を借りることが必要になるからです。

この登記作業は司法書士か本人でしかできないため、司法書士へ依頼する際の手数料もかかってきます。

この司法書士の手数料も3~5万円程度になるのが一般的ですから、総額としては6~10万円前後というように考えておくべきでしょう。

ただしかし、これはあくまでも「設立手続きのみ」の場合です。

税理士は会社の税務をサポートすることが本来の業務ですから、ここで「会社顧問」などの別の業務も同時に依頼すれば、割引を受けることができるケースも多々あります。

もちろん顧問が必要ないというのであればそれで問題は無いのですが、もし事前に顧問をどこかに依頼することを考えているのであれば、設立手続きに合わせて顧問も依頼するというのが最も効率的となるのです。

銀行口座が必要

会社設立には出資金を支払う銀行口座が必要

会社設立を行うときには、出資金についての払い込みをする必要があります。

出資金についての払い込みをするときには、会社設立の発起人の銀行口座を使用することになります。この時点ではまだ会社の設立は行われていませんので、会社における口座を作ることはできません。

会社設立をするときに出資金についての払い込みをするための発起人の口座については、新しく口座を作る必要はなく、現在において使っている状態の通帳や口座を使用することが可能です。

代表取締役について発起人を兼ねているケースにおいては、代表取締役が使っている口座を出資金の払い込み先の口座として使用するケースが一般的であると言えます。

会社設立における代表取締役が会社の発起人ではないときであれば、発起人のうちの誰の銀行口座を選択してもかまいません。

合同会社を設立するケースにおいては、代表社員の口座を使うことになります。

会社設立のための出資金の支払いをするときには、必ず銀行または信用金庫の通帳を使います。会社設立に利用できる払い込み先として使える金融機関については、一定のものに限られている点に注意しなければなりません。

現在の社会において、インターネットを活用しているネット銀行というものがあります。

ネット銀行においても振り込み先として使用することが可能とも言えますが、インターネット上での取引を行うための金融機関となっていますので、預金通帳がありません。

このような金融機関の口座を使うときには、プリントアウトを行って口座についての明細で代替することになります。

ただし、プリントする上で全てのコピーをすることは難しい状態があるケースや、どこをコピーすればよいのか判断に困ることも考えられますので、会社設立をする上においては出資金の払い込み先として一般的な金融機関を使うことがおすすめの方法と言えるでしょう。

会社設立をするためには、公証人によって定款の認証が必要で、認証が行われる日と同時に資本金について払い込みを行っても良いですし、認証が行われて以後支払うことも可能です。

誤って定款について認証が行われるよりも前に資本金についての支払いをしてしまったときには、1度引き落としを行ってから、定款の認証されたことを確認の上、それ以降に払い込みをするようにしましょう。

合名会社を設立する際には、定款を作成してから代表社員における預金口座に払い込みを行います。
払い込みの方法としては、通帳に振り込み人として発起人について、記載が残るように支払います。

最近の投稿

Contents

Copyright© 2014会社設立のプロ、行政書士、税理士の活用術 All Rights Reserved.