会社設立で印紙代

会社設立で印紙代を節約する方法って?

会社設立では常にさまざまな面でコストがかかってくることとなります。手続きは一日で終わるというようなことは無いために時間的なコストはかかってきますし、加えて手続きの中では随所でお金を支払う必要が出てきます。

会社設立を終えた後には会社を運営していくことになるわけですから、設立にかかるお金はなるべく節約をしたいと思うのが通常です。

しかし会社設立でどれだけお金を節約できるかと言うことに関しては、それぞれの人の知識量によるのが実際なのです。

手続きの中で「こうすれば安くなりますよ」ということを教えてくれる人はいないのですから、自分から調べなくてはなりません。

さて、そうした会社設立の中で最も節約できると言われている部分となるのが「印紙代」です。手続きの中では定款を提出する際に4万円分の印紙を貼付する必要がありますが、この4万円分の印紙に関しては、方法によっては必要が無くなることもあるのです。

さて、ではどのようにすれば会社設立に必要な印紙代を節約できるのでしょうか。これは「電子定款を提出する」という方法になります。

電子定款とはこれまで紙で作られていた定款を、電子文書の形式にしたものです。

現代の社会では様々なことがデジタルで行えるようになってきており、電子定款もそのデジタル化によって生まれたものの一つでした。

これは紙の定款と異なって印紙を貼付する必要がないため、電子定款を利用するだけで4万円の印紙代が不要になるのです。

しかしだからと言って「自分で電子定款を作ろう」とすることはあまりお勧めできません。

電子定款は作ろうと思ってすぐに作れるというものではないのです。電子定款のファイル形式は後から改変する事の出来ないPDFファイルで提出することが求められ、そのPDFファイルを作るには専用のソフトが必要です。

この専用ソフトとしてはAdobe Acrobatと呼ばれるソフトなどが該当するのですが、これは3万円以上する非常に高価なソフトです。

さらに電子定款を作成するにはICカードリーダーが必須となりますから、ICカードリーダーも購入する必要があります。

これは価格帯によってさまざまな物がありますが、3千円から6千円はするものと考えて良いでしょう。

パソコンの利用に慣れていないのであれば紙の定款を作るよりも手間がかかるわけですから、最終的なコストは紙の定款とさほど変わらないか、電子定款の方が上回ることが多いのです。

そのため、もし電子定款で印紙代を節約したいというのであれば、思い切って税理士や司法書士に代行を依頼するのがベストとなります。

会社設立の代行を受け付けている事務所であればほぼ間違いなく必要な機材は揃っていますし、手続きのプロに依頼するわけですから時間も節約できます。会社設立の際には「代行を依頼しないのなら紙の定款」、「代行を依頼するのなら電子定款」というようにすると良いでしょう。

最近の投稿

Contents

Copyright© 2014会社設立のプロ、行政書士、税理士の活用術 All Rights Reserved.