銀行口座が必要

会社設立には出資金を支払う銀行口座が必要

会社設立を行うときには、出資金についての払い込みをする必要があります。

出資金についての払い込みをするときには、会社設立の発起人の銀行口座を使用することになります。この時点ではまだ会社の設立は行われていませんので、会社における口座を作ることはできません。

会社設立をするときに出資金についての払い込みをするための発起人の口座については、新しく口座を作る必要はなく、現在において使っている状態の通帳や口座を使用することが可能です。

代表取締役について発起人を兼ねているケースにおいては、代表取締役が使っている口座を出資金の払い込み先の口座として使用するケースが一般的であると言えます。

会社設立における代表取締役が会社の発起人ではないときであれば、発起人のうちの誰の銀行口座を選択してもかまいません。

合同会社を設立するケースにおいては、代表社員の口座を使うことになります。

会社設立のための出資金の支払いをするときには、必ず銀行または信用金庫の通帳を使います。会社設立に利用できる払い込み先として使える金融機関については、一定のものに限られている点に注意しなければなりません。

現在の社会において、インターネットを活用しているネット銀行というものがあります。

ネット銀行においても振り込み先として使用することが可能とも言えますが、インターネット上での取引を行うための金融機関となっていますので、預金通帳がありません。

このような金融機関の口座を使うときには、プリントアウトを行って口座についての明細で代替することになります。

ただし、プリントする上で全てのコピーをすることは難しい状態があるケースや、どこをコピーすればよいのか判断に困ることも考えられますので、会社設立をする上においては出資金の払い込み先として一般的な金融機関を使うことがおすすめの方法と言えるでしょう。

会社設立をするためには、公証人によって定款の認証が必要で、認証が行われる日と同時に資本金について払い込みを行っても良いですし、認証が行われて以後支払うことも可能です。

誤って定款について認証が行われるよりも前に資本金についての支払いをしてしまったときには、1度引き落としを行ってから、定款の認証されたことを確認の上、それ以降に払い込みをするようにしましょう。

合名会社を設立する際には、定款を作成してから代表社員における預金口座に払い込みを行います。
払い込みの方法としては、通帳に振り込み人として発起人について、記載が残るように支払います。

最近の投稿

Contents

Copyright© 2014会社設立のプロ、行政書士、税理士の活用術 All Rights Reserved.