会社設立を税理士

会社設立を税理士に依頼する際の費用の相場って?

会社設立は現代の社会人にとって一つの大きな目標となる存在です。

もちろん会社設立をせず、一つの企業に長年勤めることを目標とするという人は多くいますし、安定性でいえばこの企業に勤めて生きていく方が優れています。

ですがそうした状況であっても「いつかは会社設立をしたい」として考えている人は少なくありません。

自身の思い描く未来を実現するための手段として会社設立はあるのであり、会社設立を目標として生きてきた人が設立を達成した時の達成感は、何物にも代えがたいものがあります。

しかしながら、会社設立においてはさまざまな面で専門的な知識が必要になるのは事実です。

法律上、税務上など、その知識分野非常に幅広く、設立が成功できるかどうかは「どれだけ努力をしてきたのか」というところが問われることになっているのです。

さて、そうした中で「より成功率を上げたい」という際に利用されるのが「税理士への設立手続き依頼」という方法です。

税理士は税務のプロであり、さらにその中には企業運営のプロも多くいます。そうした「プロ」に依頼をしたのであれば、必然的に成功率を高めることができますし、手続きにかかる時間も飛躍的に短くすることができるのです。

ではこの税理士に会社設立手続きを依頼した場合の費用はどれくらいになるのでしょうか。これはそれぞれの事務所によって価格設定が大きく異なりますが、一般的には「設立手続きのみ」を依頼するというような場合には3~5万円の範囲内に落ちつくのが一般的です。

ただここで注意をしたいのが「税理士だけでは手続きを終えることができないことが多い」ということです。
というのも、会社設立では避けては通れない「登記」という作業については、司法書士の手を借りることが必要になるからです。

この登記作業は司法書士か本人でしかできないため、司法書士へ依頼する際の手数料もかかってきます。

この司法書士の手数料も3~5万円程度になるのが一般的ですから、総額としては6~10万円前後というように考えておくべきでしょう。

ただしかし、これはあくまでも「設立手続きのみ」の場合です。

税理士は会社の税務をサポートすることが本来の業務ですから、ここで「会社顧問」などの別の業務も同時に依頼すれば、割引を受けることができるケースも多々あります。

もちろん顧問が必要ないというのであればそれで問題は無いのですが、もし事前に顧問をどこかに依頼することを考えているのであれば、設立手続きに合わせて顧問も依頼するというのが最も効率的となるのです。

最近の投稿

Contents

Copyright© 2014会社設立のプロ、行政書士、税理士の活用術 All Rights Reserved.